魔王「なぜ私がこんな人間じみた容姿をしてると思う?」
スレッドURL: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1404830284/
今現在、未完です。続きの更新に期待。

a2

1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:38:04 ID:YORUUUqRO

魔王「それとも。まだ私が魔王だって信じられない?」

勇者「……この禍々しい魔力、まちがいなく魔王のそれだ」

魔王「私もあなたが勇者だって本能的にわかる。
   そしてそれは、あなたも同じようね」

勇者「だけど、どうして? なんで魔王が人間のすがたを?」

魔王「そんなに私の見てくれが重要?」

勇者「当然だ。魔王が人と寸分変わらないすがたをしてるなんて」

勇者「そんな話、聞いたことがない」

2: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:39:02 ID:Eoe8egHU9
綺麗な顔してるだろ?
これ死んでるんだぜ

3: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:40:02 ID:uXZfUkXpJ
人間を一番殺したのは人間なんだよな

4: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:40:35 ID:YORUUUqRO

魔王「やっぱり人間ってなり形にこだわるのね」

勇者「……」

魔王「腰が細いほうがいい。足は小さいほうがいい」

魔王「人間の女ってたいへん。私だったら耐えられないわ」

魔王「まあ、容姿にこだわるのは人間だけじゃないけど」

勇者「魔王が人間について語るなんて、滑稽だな」

魔王「滑稽、ね。滑稽なのはあなたでしょ?」

勇者「なに?」

魔王「自分がなぜ旅をさせられているのか。
   自分がなぜ魔王をたおさなければいけないのか」

魔王「あなたは考えたことがあるの?」

5: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:41:21 ID:EMtYQ8t4T
なん…だと…

6: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:44:07 ID:YORUUUqRO

勇者「なにが言いたい?」

魔王「勇者と魔王の争いは仕組まれていた」

魔王「人間によってね」

勇者「……」

魔王「『なにを言ってるのかわからない』って顔ね」

勇者「さっきからお前はなにを言ってる?
   人間がそんなことをする理由が――」

魔王「あるのよ。人間には。
   勇者と魔王の争い。それを仕組む理由がね」

勇者「僕がお前の言葉を信じるとでも?」

魔王「あなたは、すでにヒントを見つけてるのよ」

10: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:45:50 ID:YORUUUqRO

魔王「そして答えなら目の前にある。勇者、あなたの目の前にね」

勇者「目の前?」

魔王「そう。人のすがたをしながら、魔王である私」

魔王「この私の存在が、すべてを証明する答えなのよ」

11: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:47:42 ID:YORUUUqRO

勇者(そもそもこの女は)

勇者(パーティーを失った僕のために、派遣された尼僧じゃなかったのか?)

勇者(その女が魔王だった?)

勇者(なのに、どういうことだ?) 



魔王「さて、振り返ると言っても。
   全てを振り返っていたら時間がもったいない」

魔王「重要な部分だけを、切り取っていきましょ」

13: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:49:39 ID:LHdtDayH8
そもそも魔王なんていないからなw勇者も

14: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:50:04 ID:YORUUUqRO




勇者「あなたが派遣された尼僧、ですか」

尼僧「お会いできて光栄の至りでございます、勇者様」

勇者「そんなふうに畏こまらないでください」

勇者「僕はあなたの想像してるような勇者じゃないだろうし」

尼僧「たしかに。私の想像していた勇者様とは、かけはなれてますわ」

尼僧「顔色もパンみたいです」

勇者「……朝の顔はいつもこんな感じです」

勇者「そんなことより、今後の旅のことについて話をしたい」

尼僧「あっ、その前にコーヒーの注文してもいいですか?」

勇者「……どうぞ」

17: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:51:51 ID:YORUUUqRO

尼僧「勇者様も眠気覚ましのために、飲んでは?」

勇者「コーヒーは甘いものがないと飲めないんで、ミルクなら」

尼僧「奇遇ですね」

尼僧「私もコーヒーは、必ず甘いものと摂取するようにしてます」

勇者「はあ」

尼僧「そのほうが、コーヒーのうまみも引き立ちます」

勇者「……朝から食事の話はしたくないです」

尼僧「あら。これは失礼」

勇者「今後の旅の話をしましょう」

18: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:54:47 ID:mda32IcF6
ブラックとチョコの組み合わせは最強やで!

19: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:55:00 ID:YORUUUqRO

勇者「魔王討滅の旅はあまりにも過酷です」

尼僧「そうらしいですわね」

尼僧「勇者様一行の旅の記録、『冒険の書』を何冊か拝読したことがあります」

尼僧「ですが。実際のそれとは、ずいぶんちがうようで」

勇者「しょせん『冒険の書』は娯楽。現実とはちがいます」

勇者「歴代の勇者で、教会送りにならなかった者は誰ひとりいない」

尼僧「勇者様だけでなく、その勇者様のお仲間もでしょう?」

勇者「はい。それぐらい旅は過酷なんです」

20: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:56:53 ID:2rTKMz4PF

21: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:57:49 ID:YORUUUqRO

尼僧「旅が過酷であることは、重々承知していますわ」

尼僧「勇者様の仲間のうちのふたりが、
   教会どころか、あの世に送られていることもね」

勇者「……」

尼僧「死からよみがえるというのは、いったいどんな感覚なんです?」

勇者「どうしてそんなことを聞くんですか?」

尼僧「死から逃れることは、私もできないので」

尼僧「普通は死んだら死ぬしかないんですよ、どんな生物も」

尼僧「あなたたちを除いて、ね」

勇者「……あの感覚を言葉で伝えるのはむずかしい」

23: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:58:47 ID:fTVc3XW61
僧侶じゃなくて尼僧ってところにこだわり感じる

24: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:01:44 ID:tqju4CcEj

魔王「なぜ私がこんな人間じみた容姿をしてると思う?」

勇者「死んでから意識が戻ったときは、
   自分のからだが自分のものじゃないみたいで」

勇者「絶えず、違和感がつきまとう」

勇者「しいて言うなら、魂が肉体にとまどっているような感覚です」

尼僧「なるほど」

尼僧「神と契約した勇者様一行は、
   肉体の一部があれば、魂の復活が可能と言われてます」

尼僧「しかし、魂のありかである肉体がなければそれも不可能」

尼僧「戦士様と賢者様は、肉体の一部すら残らず亡くなったそうですね」

尼僧「勇者様の魔術のせいで」

勇者「……僕は自分の魔力をまともにあやつることができません」

25: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:02:51 ID:x196F6mMg
勇者は雑魚なんかな

26: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:03:48 ID:tqju4CcEj

勇者「剣の腕なら誰よりも優っている自信はあります」

尼僧「自慢ですか?」

勇者「自慢です、幼少のころからずっと訓練を受けてきた」

勇者「勇者になるために」

尼僧「けれど。魔術の才能に関してはまるっきりなかった、と」

勇者「簡単な魔術だったら、問題はないんですが」

勇者「膨大な魔力を必要とする魔術になると、とたんにダメになる」

尼僧「魔王城に近づくほど、魔物は手ごわくなりますものね」

勇者「ええ。剣術だけではもはや、魔物に太刀打ちできない」

27: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:05:31 ID:tqju4CcEj

尼僧「そして、いよいよ魔術が必要な状況になった」

尼僧「ところが、使ってみたら暴走して仲間を殺めてしまった」

尼僧「しかも、塵ひとつ残さず」

勇者「僕のせいで、あのふたりは……」

尼僧「勇者様、もうひとつお聞きしてもよろしいですか?」

勇者「なんでしょうか?」

尼僧「どうして魔法使い様を殺さないのですか?」

勇者「え?」

尼僧「魔法使い様は、現在この街の医療機関で治療中なんですよね?」

28: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:06:04 ID:x196F6mMg
珍しく礼儀正しい勇者だね

30: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:10:57 ID:tqju4CcEj

尼僧「治療に時間をあてるなら、教会で復活させたほうが手っ取り早い。
   それに、魔法使い様の苦しむ時間も減りますよ?」

勇者「神に仕える身で、よくそんなことを言えますね」

尼僧「今は国に仕える身です」

尼僧「もう一度聞きます。どうして殺さないのですか?」

勇者「……」

尼僧「……このことは、とりあえず保留にしましょう」

勇者「僕は……」

尼僧「勇者様?」

勇者「いいえ、なにも」

31: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:14:16 ID:tqju4CcEj

尼僧「そういえば最近は、
   教会による魂の救済を、命を弄ぶ所業と批判する知識人が増えてるとか」

勇者「『新教会人』たちのことですか?」

尼僧「そうそう、それです」

尼僧「神と契約してる勇者様たちにたいして、
   そんな批判をするのも、的外れな気がしますけど」

尼僧「そんな批判をなさるぐらいなら、
もっと批判すべきことがあると思いますし」

勇者「批判すべきこと?」

尼僧「勇者様たちだけに、魔王殺しの旅をさせていることです」

勇者「それは……」

33: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:17:44 ID:MWbYhhJhC
RPGのタブーに魔王が触れるんかい

34: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:17:56 ID:tqju4CcEj

勇者「それは、仕方ないことです」

尼僧「仕方ない? なぜ?」

尼僧「国が兵力を注ぎこめば、魔王を滅ぼすことは不可能じゃないでしょう」

勇者「あなたの言うとおり、不可能ではないかもしれません」

勇者「でも、そうすることによる被害の規模は、はかりしれません」

勇者「魔王だけが人類の敵ってわけでもない」

勇者「人びとの生活をおびやかすのは、むしろその魔物たちです」

尼僧「つまり。街を守ることに兵士を割くから、
魔王討滅には回せない、と」

勇者「それだけじゃありません」

勇者「小規模ながら、人間どうしの戦争だってある」

勇者「だから僕たちだけで、魔王をたおすしかないんです」

35: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:19:34 ID:tqju4CcEj

勇者「僕からも質問いいですか?」

尼僧「ええ、ぜひ答えさせてください」

勇者「あなたは勇者とその仲間を、
   どういうものと、とらえていますか?」

尼僧「あやつり人形」

勇者「……はい?」

36: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:21:33 ID:tqju4CcEj

尼僧「ああ、ごめんなさい」

尼僧「アレです。窓から広場が見えますよね?
   ほら、人形師がマリオネットをやってます」

勇者「だから、なんですか?」

尼僧「はじめて見たので、すごく惹かれちゃって」

勇者「僕はあんなものに、興味をもてません」

尼僧「あら、残念」

尼僧「……勇者様の質問の答えですが、『英雄』でしょうか?」

勇者「英雄か。僕も最初は、そんな甘っちょろい考えをもってました」

尼僧「では、ちがうと?」

勇者「僕はこう考えます、暗殺者だと」

38: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:25:02 ID:tqju4CcEj

尼僧「暗殺者なのに勇者様一行が旅に出たことは、
   国民には大々的に伝えられてるんですね」

尼僧「下手したら、魔物たちも小耳に挟むかもってレベルで」

勇者「……あくまで、たとえです」

尼僧「あら。ちょうどコーヒーが来ましたね。んっ……」

勇者「なにをしてるんですか?」

尼僧「かおりを堪能してるんですよ。ああ、すばらしい」

勇者「かおり、か」

尼僧「とても素敵なかおりだと思いません?」

勇者「……よくわかりません、僕には」

39: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:25:59 ID:APuB4hCXV
尼僧たんぺろぺろ

40: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:27:25 ID:tqju4CcEj




尼僧「これからどうなさるつもりですか?」

勇者「とりあえず、道具屋で薬の類を購入します」

尼僧「道具屋で、扱ってる物で役立つものがあるんですか?」

勇者「どういうことですか?」

尼僧「勇者様と会うまでに、私もいくつか街の道具屋をたずねてますけど」

尼僧「戦闘中に使えるものはなかったはずです」

勇者「表向きには、僕たちが使う物は販売されていません」

尼僧「勇者様たちしか、購入できない物があるってことですね」

勇者「そういうことです」

43: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:32:48 ID:tqju4CcEj

勇者「傷口を一瞬で直せたり、解毒を数秒で終わらせたりできる薬が、
   世に出回ったら、確実に世の中は狂います」

尼僧「病院や癒しの術の使い手が、損をしますものね」

尼僧「しかし、どうやって勇者様であると店主に証明を?」

尼僧「なにか証明できるものがあるってことですよね?」

勇者「……あなたは、質問をするのが好きなんですね」

尼僧「あ、ごめんなさい。知りたがりなんです、私」

勇者「店に行けば、すぐにわかりますよ」

44: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:33:32 ID:tqju4CcEj

つづく

45: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:35:40 ID:WUcah8w0D


ファンタジー世界の病院って確かに存在意義が魔法のせいで微妙だよね
次の更新に期待

50: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)00:44:37 ID:S3qR2CTXz
どうせ最後は勇者と魔王がくっつくんやろ!
嫌いじゃないので砂糖多めで!



まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
まおゆう魔王勇者 紅玉の瞳 抱き枕 カバー 2wayトリコット 両面 ファスナー付き 50cmX150cm
MANYU QUEST ムッチリ魔乳の謝肉祭