49: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)02:43:05 ID:5ii
続きまして

リー「月が綺麗ですね」

51: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)02:48:27 ID:5ii
テンテン「……へ?」

素っ頓狂な声が出た
修業の帰り道
家の用事とかでネジが先に帰ったので私はリーと二人、並んで歩いていた

リー「ほら」

そう言って空を指差すリー
なるほど、綺麗な満月だ
ってそうじゃない
あの、リーが?え?
「月が綺麗ですね」って?

私に?

53: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)02:53:04 ID:5ii
リー「まん丸ですねー!お好み焼きみたいでお腹空いてきちゃいました!」

……そうだよね
相手は、あのリーだ
その言葉の意味するところなんて知ってるわけない、か

リー「どうですテンテン!帰る前になにか食べて帰りませんか!奢りますよ!」

ドキッとして損しちゃった
まあリーだもんね
リーだ
私もお腹空いたし、素直に奢られることにした

54: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)02:59:57 ID:5ii
リー「いやーおいしかったですねー!お腹いっぱいです!」

よくもまああんなに入るものだ
見てるこっちがお腹いっぱいになっちゃった

リー「もう遅いですし送っていきますよ!」

お、関心関心
意外とこういうところ気が利くんだよねー

リー「しかしガイ先生は……」

……

リー「まさに!あれぞ青春の……」

……いや、違う

リーは、いっつも私を助けてくれた


55: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)03:05:32 ID:5ii
任務の時も
修業の時も

危なくなったら一番に飛んできてくれた

リー「やっぱりあの技はこう、腰を……」

誰より暑苦しくて、誰より汗くさくて

誰より仲間思いなんだよね、リーは

いつからなんだろう、リーのあの性格は

いつからなんだろう、リーのあの暑苦しくさは

いつからなんだろう、リーのあの優しさは


いつからだろう、こんなにリーのことばかり考えてることに気づいたのは


56: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)03:14:18 ID:5ii
リー「テンテン?テンテン?」

テンテン「……へぁ!?」

リー「どうかしましたか?なんだか上の空でしたけど……」

テンテン「う、ううん!なんでもないの!」

リー「そうですか……」

しまった
また素っ頓狂な声が出た
調子狂うなー、もう
リーがあんなこと言うからだ

……

テンテン「あ、もうすぐそこだからここでいいよ!」

リー「は、はい。じゃあまた明日!」

テンテン「……」

リーのせい、なんだからね

テンテン「ねえ、リー」

リー「はい?」

テンテン「私、死にたくないわ」

リー「……えっ」

テンテン「じゃあね!」

それだけ言って走り去ってやった

ふんだ

知ーらない



57: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)03:17:34 ID:5ii
リー「……帰りますか」

リー「恨みますよ、お月様。あなたがそんなに綺麗なことを」


58: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)03:19:27 ID:5ii
以上です

ありがとうございました

59: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)03:29:09 ID:5mz
乙!



06
テレビでjkとタダでやれる方法暴露してたけどいいんかwww